いま、日本人が知るべきこと

先人を知ること ~県歌「信濃の国」に学ぶ~

Pocket

信州には、「信濃の国」という県歌があります。
それはこのような歌詞です。

県歌 「信濃の国」 浅井 洌 作詞

一 信濃の国は十州に 境連ぬる国にして
聳ゆる山はいや高く 流るる川はいや遠し
松本 伊那 佐久 善光寺 四つの平は肥沃の地
海こそなけれ物さわに 万ず足らわぬ事ぞなき

二 四方に聳ゆる山々は 御岳 乗鞍 駒ケ岳
浅間は殊に活火山 いずれも国の鎮めなり
流れ淀まずゆく水は 北に犀川 千曲川
南に木曽川 天竜川 これまた国の固めなり

三 木曽の谷には真木茂り 諏訪の湖には魚多し
民のかせぎも豊かにて 五穀の実らぬ里やある
しかのみならず桑とりて 蚕飼いの業の打ちひらけ
細きよすがも軽からぬ 国の命を繋ぐなり

四 尋ねまほしき園原や 旅のやどりの寝覚の床
木曽の桟(かけはし)かけし世も 心してゆけ久米路橋
くる人多き筑摩の湯 月の名にたつ姨捨山
しるき名所と風雅士(みやびお)が 詩歌に詠てぞ伝えたる

五 旭将軍義仲も 仁科の五郎信盛も
春台太宰先生も 象山佐久間先生も
皆此の国の人にして 文武の誉たぐいなく
山と聳えて世に仰ぎ 川と流れて名は尽きず

六 吾妻はやとし大和武 嘆き給いし碓氷山
穿つトンネル二十六 夢にもこゆる汽車の道
みち一筋に学びなば 昔の人にや劣るべき
古来山河に秀でたる 国は偉人のある習い

曾祖父が議員を務めておりました関係でしょうか、祖父の家にはこの歌の掛け軸がありました。 それはいつも大切そうに床の間に飾られてあり、幼心にも「とても尊いものなのだろうな」と感じておりました。

ですが、この歌の凄さは、神代の古文書を解いたときになってやっと分かったのです。

ご覧の通り長い長い歌なのですが、何度か歌いますと不思議と6番まで暗唱できるようになります。その理由は歌詞の構成にあります。この歌は、7・5・7・5という繰り返しで作られています。これは、連歌(つづうた)という形式の歌い方で、少なくとも平安時代、すなわち千年以上(推定五千年)前から歴史を伝えるために歌われてきた形なのです。

歴史は覚えておかなければ一字一句間違えずに後世に伝えてゆけませんので、歌と言う形で覚えやすい、さらに古来から変わらない方式によって長野県歌も編まれていたということです。

またその歌の意味には、明治天皇のお発しになりました教育方針が反映されています。

心してゆけ、久米路橋

ただこの歌を聞いたり、歌詞を見たりしただけでは、「久米路橋という橋の柱に、人が埋まっている」ことなど想像しようもないでしょう。?長野県民はこの歌について学ぶとき、その衝撃的な事実を知らされるのです。

これは単に昔だから起きた事ではなく、今この瞬間ですらも、人柱となった彼らのように、人々の生命活動を支えるために命を失っている人が現実的にあります。

ですから、「心してゆけ」ということなのです。
心してゆくならば、彼らはあなたを呪ったりはしません。手を合わせ、その犠牲を想い、その人々の分まで世に人に尽くしましょう。

細きよすがも軽からぬ

五穀の実らぬ里、つまり稲を育てることのできない村を興すために、養蚕の技術が開けたことを伝える段です。よすが とは絹糸のこと。絹は物質としては軽いものですが、先人の努力や苦労を思えば、決して軽んじて良いものではなく、大切に大切に扱わねばならないもの・技術・伝統です。また、たとえどんな苦難に逢っても、このように新しい技術によって命を繋ぐこともできるものであるから決して諦めてはならない、という励ましを覚えるものでもあります。

正しい誇りを持て

長野県民はこの歌を通して、「先人と自分とが比べられる」可能性を感じています。 そしてそのように立派な人間になれる可能性がある、またそうならなければならないということを教えられます。

日本人は世界をよく意識して、世界の中の優れた日本であることを自覚するということに不慣れです。 日本が称えられても、どこか自分とは遠いものに感じている人が多いように思うのです。

しかしもし、このような連歌の心が日本人すべてに浸透していたならどうでしょう。? 国土の美しさを再確認し、地震と津波に戦ってきた人々を想い、国の礎となった人々を想い、その上でそこに生きているという責任を再確認できるのではないでしょうか。

正しい誇りを持つことは、一人利己的な仕事を行うことを戒めるでしょう。また、臼井先生が仰る「業」の意味を深く噛みしめることになるでしょう。何よりも、生きるという厳しさの中、こうして凍えず飢えることなく暮らせることに、深く恩を覚えるものでございます。

平安時代より続く神明宮社家の末裔。旧宮中神祇に学び、独自の感性を基に探究を進め占い師および臼井霊気療法師範として活動。著書に「成長する伝言」、月刊情報誌「ほっとパル長野」12星座占い・血液型占い連載、フィーチャーフォン・スマートフォン公式占い監修など活躍多数。

2件のコメント

  • Meamo

    香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業.中卒社員岸下守の犯行.

  • Caloa Takao

    従弟は、停止中のはずのプレス機を検査しようとして挟まれて命を落としました。人も機械も誤作動はあるものですね。

    しかし生き続けていて苦痛を受け続ける方が本人にとっては不幸と言えます。

    知っていて教えないのも不義かと思いますので一応書いておきますが、レイキを受けたほうが人生は楽になります。おそらく、その職場にそのバイトの方は通わずに済むようになります。
    http://caloa.com/01/fortune/supp_vh.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です