先祖供養はなぜ行うのか?― その方法は危険! ―

Pocket

例えば、はるか先祖に思いを馳せるとき、人には様々な思いが去来します。

立派な行いをしてきた先祖もいれば、罪を犯した先祖もいます。

前者には感謝し、後者にはうしろめたく思うかも知れません。

ところが後者は忘れない限り、特定の手順を踏めば清めることができます。

これによって因果の不運を脱して行きます。

逆に、たとえ前者があったとしても、忘れてしまったらとても勿体ないことです。

あなたにもその血が流れていて、ある行動でそれが目覚めることを思い出すことも叶わないのです。

何よりも、自信を持つことができなくなってしまうでしょう。

 

枯れない千年樹 対 根無し草

世代のつながりは、よく樹木に喩えられます。

自分を幹とすると、枝を子孫、根を親や先祖、日本人は神へと繋がっていきます。

この前後の関係が明らかであると強い樹木として、単体では叶わない強い力を発揮します。

先祖がはっきりしていて記憶が繋がっているだけでなく、子供たちにもその記憶を継がせることでどの世代も家系独自の弱点を克服し、得意分野を伸ばし、十分な力を発揮できるのです。

これがいわゆる、家訓であるとか、墓守であるとか、先祖供養と呼ばれるものです。仏教の原点インドにはなく、日本独自の文化であると言います。

昔から自分だけで生きているわけではなく、一本繋がった樹木として結束して生きてきたのですね。

逆に、先祖の分からなくなってしまった人や、子供に先祖を継がせない人を「根無し草」と言って、守護のない弱い人として喩えられます。

これは結婚や恋愛の舞台で顕著に差が現れます。守護が弱いとなかなか結婚できないのです。

仕事の舞台でも、同じことをしてみても(それ以上に優秀なはずなのに)認められない場合は根が無い場合が多いのです。

簡単に時代の変化に飲まれ流されてしまう根無し草、時代が変わってもしっかり踏ん張ることができる千年樹、というわけです。

 

因縁果報の法則

たとえば、因縁果報という法則があります。

現在も因縁や果報者、等という言葉で残っている古くからの知識です。

これは四世代に起きる現象を説明しています。

親を因として、自分に縁が訪れます。自分を因として、子供に縁が訪れます。

祖父を因として、自分に果が訪れます。

曾祖父を因として、自分に報いが訪れます。

 

現代特有の問題と解決方法

未来の子孫たちに恵みをもたらすため善行を行い、徳を積んでいこう、これによって現世にも恵みがもたらされる…というのが、よくある宗教概念であり、先祖供養に関するお説教のひとつです。

もちろんこれは当たり前のこととしてやっていくわけですが、今を生きている自分の世代で即座に成果の出る方法があると良いと思いませんか。

それがルーツヒーリングという新しい技法です。

実は、現代はこれまで通りの先祖供養ではおさまりが付かなくなり、結果結婚できない人が増えています。

さらに最終手段であるはずの永代供養や墓参り代行、合同墓が流行り、大変危険な状態です。

記憶も失われつつありますが、現代はまだ完全には失われていないため、多少の工夫やテコ入れで復活できる人が多いのです。

みすみす幸運の素を投げ出すのは、「なぜか何をやっても上手くいかない、実らない」という自分の状況を作り出すだけでなく、未来永劫、尾を引いてしまう悔やんでも悔やみきれない非行ともなり得ます。

早めに自分の人生設計に問題がないか、状況確認を行いましょう。【ご相談はこちらへ】


【基本知識】

◆ 無計画にお墓を増やしてはいけない。
自分の墓を勝手に手配してはいけません。世代計画をしっかり行いましょう。

◆ お墓に「入る」という言い方は間違い。正しくは「納めてもらう」
骨は自分では拾えません。

◆ 永代供養や合同墓を簡単に選んではいけない。
最終手段。決断後に起こるトラブルを覚悟しましょう。

◆ 墓参り代行は親類・血縁ならOK。他人に任せるのはNG。
一時的なものならともかく、ずっと任せきりは×。

◆ 遺骨を墓に納めず、家に放置することはきわめて危険。
軽いトラブルでは済みません。手足がなくなる気が触れるなど症状はさまざま。

実際にこれを1カ月程度やってしまった人から深刻な相談がありました
改善できるうちは良いですが、知る人が亡くなって記憶が失われるとかなり厄介です。


ところが親類との関係、お寺などの関係、人間関係は大変複雑なものでなかなか理想通りにはいかないものです。ルーツヒーリング鑑定ではこうした問題に対して未来や人の心を視ながら整理し、トラブルを事前に防いでいきます。

平安時代より続く神明宮社家の末裔。旧宮中神祇に学び、独自の感性を基に探究を進め占い師および臼井霊気療法師範として活動。著書に「成長する伝言」、月刊情報誌「ほっとパル長野」12星座占い・血液型占い連載、フィーチャーフォン・スマートフォン公式占い監修など活躍多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*