ICT

メッセンジャーアプリSignal「消えるメッセージ」の使い方

Pocket

質問コメントを頂いたのをきっかけにSignalを色々と探してみましたら、こんな機能がありました。

メッセージ(チャット)画面に移動し、右上の「…」をタップすると出てくるメニューです。さらにタップすると、

このような画面になります。「5秒」部分をタップすると、10秒・30秒…と時間設定が表示され、最大1週間までのログ消去設定が可能です。

例えば1分と設定すれば、見てから1分で自分と相手の会話内容(自分の端末内)は消去され、復元も不可能ということです。Signalの存在意義からして、このログの復元はかなり難しいと考えられます。まさに秘密の会話というわけです。


実際に使ってみました

試しに消去設定を5秒にしてメッセージを送ってみました。

画面には消えるメッセージの設定がされたことが表示されています。この状態でメッセージを送ってみましょう。


送信後カウントが始まり、5秒経過後に削除されました。

オフに戻すと「~が消えるメッセージを無効にしました。」という表示が現れます。片方が設定すると、双方に消えるメッセージ設定が有効になっているようです。


ログ(会話履歴)の削除

ちなみに、既存のメッセージログを消す場合はメッセージを選択してゴミ箱マークをタップします。

跡形もなく消えました。

関連リンク:

メッセンジャーアプリSignalの使い方

メッセンジャーアプリSignal – SMSとの使い分け方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です