占いと人生

早婚のすすめ ~金色の陰陽道~

Pocket

「良い人がいれば結婚したいけれど…」
結婚についての話題が出ると、決まってこんな風に答えている方がいるのではないでしょうか。

この連休には成人の日がありますね。未来ある若者たちが親元から巣立つ日です。が…多くの親御さんにとってはまだまだ子供のように感じることでしょう。

本当の意味で大人になるのは「夫婦=めおと」として陰陽の魂が揃ってからです。未成年でも結婚している人はとても大人びて見えますよね。


早婚は宝あふれる黄金の道

それではまず、分かりやすいところから行きましょう。皆が自分の家を買う/作るのは何故でしょうか?

それは、家賃を払うくらいの出費で、自分の好きな家が手に入るからです。

アパートに家賃を払っていても自分のものにはならないので、全くの損でしかありません。

家は結婚したタイミングで定めるものですが、結婚のタイミングが遅ければ遅いほど、安い家しか手に入れられなくなります

何故かというと、住宅ローンは払える期間が短くなれば、借りられる額も少なくなるからです。

払える期間は定年までと決められています。

試しに、ローンを組むにはどんな条件が必要で、どのくらいの金額が借りられるのか、次のようなサイトでチェックしてみると良いでしょう。

不動産担保ローン|無料査定受付中!

住宅ローン一括審査申込

結婚は何のため?

端的に言えば、「生きやすくなる」ため。
例えば…

  • 病気になっても必ず助けてくれる人がいます。
  • 自分にはできないことをしてくれる人がそばにいてくれます。
  • 老いて家賃が払えない経済状況になっても家が残っています。
  • 配偶者控除、扶養手当など政策的にも夫婦は優遇されています。
  • 人柄が整い、社会的に信頼されます。
  • 子供が産まれると格段に運が上がります。

パートナーがいるのに籍を入れないのはとても勿体ないことですし、パートナーがいて定職があるのに住宅ローンを組まずにアパートに住んでいるのはとても勿体ない事。

では、子供が生まれると運が上がるのは何故でしょう。それは…

  • 国が子供(国民)が増えることを願っているため
  • 先祖が子供を守ろうとする力をフル発揮するため

国の願いに沿って生きると、神々の御心に適うことになりますので、自然に運が上がるというわけです。特に今は少子化の時代ですから、現実的な面でも恩恵が大変厚くなっています。


良い相手がいないんだけど…

独身で「良い相手」は、ないと考えましょう。結婚したことがない方はみな未熟で当たり前。お互い子供なのですから。

大切なのは、その人がどのように伸びていくのかを予測することです。


親御さんを見てみよう

 相手の未来の姿を予測したい時、親御さんと会ってみるというのは(特に男性が相手の場合には)有効な手段です。遺伝をもろに受けてそっくりになってしまう人もいれば、逆に反面教師にして隔世遺伝を引き出している=祖父や曾祖父に似る人もいます。どちらにしても、確実に影響を受けるのが親御さんです。

「親御さんへの挨拶」というと結婚に近づいてしまうのではないかと躊躇する方がいますが、逆に、相手を知るためにも早い段階で2度3度会っておくようにしましょう。もちろんこのような目的で会う事を伝えた上でです。親は、お互いの心配を解消するためにも快く会ってあげましょう。


陰陽の道

陰陽はすなわち男女、火と水、それは火(か)水(み)=神ともいいます。陰陽の魂そろって親になるということは神の道に近づくために欠かせない人生儀礼と言えるでしょう。もし何らかの戒律を守って未婚でいる人がいるとしたら、今の少子化日本という国・神の悩みを想いやり、考えを改めていきましょう。


関連リンク:

占い×出会いアプリで賢く恋愛

先祖供養はなぜ行うのか?― その方法は危険! ―

なぜ日本人は神の性別を誤って刷り込まれているのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です