一般

“意外”な戦争の歴史 ~ある指導者の告白~

Pocket

原爆を作った人、落とすことを決めた人

以前交流会に中学生とそのお母さんが参加されたおり戦争について尋ねたところ、未だ日本人が始めたと思い込んでいることに驚かされました。
教科書はまだ60年前のままのようです。

1979年に、日本の素晴らしさに気づいたユダヤ人指導者が 「日本人に謝りたい」という本を出しています。
http://hexagon.inri.client.jp/floorA6F_he/a6fhe800.html
原爆に繋がる経緯が詳しく分かります。

「日本人に謝りたい」

現代の中学生にも分かるよう簡単に要約すると、

まずユダヤ人という不幸な民族があり、 全部の国ではありませんが西欧の国々から迫害(家族を殺されたり、差別されるなど)を 受けて大変な恨みを持っていたのです。

その後散り散りになったユダヤ人たちは猛勉強をして、 迫害した国を滅ぼして乗っ取るための計画を練りました。
(これがかなり広大で手が込んでいるのです。)
革命や戦争はすべてユダヤ人が国々をダメにするために仕組んだ物なのです。新聞で戦意をあおったり、嘘の思想をまことしやかな学問(共産主義など)にして熱心な学生を洗脳していったのです。

その計画に気づいたドイツ内のナチスが過激な手段でユダヤ人をまた迫害してしまい、さらに恨みを募らせることになりました。

本当はヨーロッパのもめ事に関係のなかったアメリカでしたが、ユダヤ人のルーズベルトが大統領になったことで参戦がさらに煽られてしまいます。 こうしてユダヤ人が陰日向で実権を握り、世界中の国々を戦争に巻き込んでしまいました。 原爆は、もうアメリカの勝利が決まっていたのにも関わらず、ユダヤ人によって作られ、ユダヤ人によって投下が決定されました。 日本がこんな貴重な国だったとは知らずに。

いま太平洋戦争と呼ばれている戦争は、本来は大東亜戦争と言います。「侵略」とは違って、日本だけは占領した国に線路を造ったり農業を整えたりと、元いた人々を生かすための事業をしていました。日本が持っていた目的や心は他の国とは大きく違っていたのです。これによって、白人には奴隷や動物のように扱われていたアジアやアフリカの人々が、現在のようにきちんとした国として世界に並ぶことができたのです。

戦後、20歳台の法律の素人ユダヤ人によってたった2週間で作られた「日本国憲法」がそのまま守られてしまっています。

日本の特にすばらしいところは、天皇陛下と国民の関係です。 世界のどこにもない親子のような関係で、他国の王のように搾取する存在ではなく、真に国民のための王で、これこそががユダヤ人が理想とする国であったのです。

まだ、ユダヤ人が生み出した左翼思想の子供たちや弟子たちは世界各国で無自覚に活動しています。どうか日本人のみなさんは、このような戦略に負けることなく誇りを取り戻して行ってください。

という内容が書かれています。

日本人は災害を通じて、安全に生きていることが当たり前ではないことを知っています。命はお互い大切にすべきです。

(この記事は2011/10/21他サイト掲載のリライトです。その後中学生の研究発表に採用されました。)

※なお、日本国憲法については改憲活動が近年やっと進んでいます。18歳以上で署名がまだの方は早めに済ませましょう。
https://kenpou1000.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です