探し物占い

探し物占い現場レポート ~カードケース~

Pocket

「探し物無料占い掲示板」では研究生のためにルーンだけでサンプル回答していますが、実際の失せ物探しではルーン以外にもタロットを使って時間短縮を図っています。最近の例を1つ紹介しましょう。

クレジット、キャッシュカード等の入ったカードケースを紛失

本人によれば、ジムで会費を支払った時を最後に1~2日ほど見ていないとのこと。家の中をいくら探してもないので、ジムの駐車場に落としたのではないかと予想し、夜間にそこへ探しに向かおうとしていたところでした。

深層記憶を展開

彼にタイミングを指示してルーンを展開していただくと、案の定、ジムの駐車場らしき場所の記憶(主観・深層記憶)が現れました。

これを読んでみると、彼は車の中まできちんとカードケースを持ったまま乗り込み、そこから移動しているという動きの記憶が出ています。

「その駐車場にはないようですよ。」

タロットで見つかる未来を見る

私は限られた時間で「見つける方法」を知るため、別の視点からタロットを展開します。つまり行動を設定して、見つかるかどうかを先に見てしまうのです。場所を知るより効率的な場合が多々あるからです。

彼はジムの駐車場に行きたがっていましたので、「ジムに出かけることでこのカードケースは発見されるのか」と尋ねてあげました。
答えは、今夜は×、明日は◎。

未来の位置に聖杯の10が出ていたため、明日以降の外出で見つかると判断。
現在の位置には見つからないことを意味する逆位置のキング、解決策に占いを勧められている

つまり明るくなってから出かければ必ず見つかりますよ。(今うろうろする必要はない)という答えです。

ちなみに私のルーンは空間を読むためにセットしてあるため、こうしたこと(時間に関すること)はタロットでなければ見ることができません。

彼はこれを聞いて安心して家に引き返し、その日はあちこち探すことなくゆっくり休みました。

ドアポケットに入り込んでいたのを発見

その後、カードケースは占い通り翌朝一番に発見されました。
車のドアポケットに入り込んでおり、帰宅時はいつも暗いので気が付かなかったのだそうです。


まとめ

・1展開目は予想範囲の出来事や物の有無が示される
・タロットで発見の難易度を知ることができる


関連リンク:

探し物占い現場レポート ~預金通帳~

自分で占ったほうが当たる ~探し物ルーン占い講座~

ARIA探し物・失せ物無料占い掲示板

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です