日本の基礎知識

天津罪、国津罪とは

Pocket

日本農業新聞の社説から

今年9月の日本農業新聞をたまたま見かける機会がありまして、ふとこんな社説が目に留まりました。

「日本人は古来から天変地異に深い畏れの念を抱いてきた。神道の祭祀で唱える祝詞もその一つ。」

ん、もしやと思い読み進めてみると、

「その中にある『天津罪』は、田のあぜを壊す『畦放』、水路を埋めてしまう『溝埋』といった罪を挙げる。身を清め荒れる神々をなだめる祈りをささげることで、災難が降りかからないことを願った」

祝詞の意味が正しく伝わっていないことが判明して参りました。
個人レベルでしたら、祝詞の解釈は時々の心模様に応じて様々でよく、何を願っても構わないとは言われています。ただ、大勢の人々に知らせる立場にある人はもう少し気を付けなければならないと思います。


「誰」から「誰」に対する罪か

神祇官に伝えられていることですから、私もおいそれと伝えることはできないと考え、プレミアム記事に別途詳しく書いています。

ただ、これだけは直さなければと思う点があるとすれば、まず「天」を天空や気候の事と勘違いしていること。つまり「天空を司る神様が怒って、人間である私たちに環境を破壊するという罪を行っている」と解釈してしまっているという点です。

祝詞というのは言い回しが独特ですから、現代のことばに合わせて考えてしまうとこう解釈してしまうのも無理のない事なのですが、正しくはこのような意味ではありません。

そもそも古典の「天」は、古き代の宮中や政界つまり朝廷を示し「国」は地方や民、その後の代を表しています。時が神代から次第に下って法律が整ってくると、現代に民法と刑法があるように天津罪を環境破壊の罪、国津罪を人命に関わる罪として分けて裁かれるようになりました。

現代でも農業を行っている人同士が諍いを起こすと、水路を埋める嫌がらせをしたり、畦を壊して困らせたりするというようなことが時々行われています。「つまり農業において国の迷惑を考えない怒りっぽい人がよくやってしまうこと」が天津罪というわけです。

よって、祝詞(大祓詞)にある罪の段はどちらも「私たち」が「私たち」に対して行ってしまう可能性のあること、またはしてしまったことであり、祝詞はこれを祓い清めるためのものということなのです。


天災への効果は…?

神々には、もちろん天災を鎮める力はあります。しかし、祝詞を単に呪文のようなものと考えて祈るだけで、肝心の自分たちの生き方が清められていなければ、神々は何の力も振るうことはできません。祝詞は神々を直接宥めるような効果のあるものではないのです。

もし神々が宥められるとすれば、何を唱えることがなくとも、子孫がその心をしっかり頂いて、清く正しく美しく生きて、神々が誇りに思うような人生を完成させることでありましょう。

民の生き方が穢れていれば、神は呆れてお隠れになってしまうのです。

天災に遭うと「自分は悪いことをしていないのに、なぜ罰を当てられなければいけないの」と思う方もいらっしゃることでしょう。果たしてそうでしょうか。現代人の罪とは、人に対して無関心であり、人が行う罪を防いでいないという罪が重なっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です