Pocket

臼井先生は「鞍馬山で21日間の断食の後、霊気を体得」しました。遠隔法についてもこの時に悟られています。

今でも、この逸話を聞いて「鞍馬山」が凄いと考えているレイキヒーラーが多いそうです。

ところが真実は、この山だけが凄いのではなく、純粋に「山という人間にとっては過酷な環境」と人間が命を懸けるという「覚悟」にあります。

先生は死を覚悟して断食の末、死線をさまよい、そこに靈氣を与えられたのです。

シンボルは「遠隔法が難しい」と訴える弟子たちのために臼井先生が提供されたものですが、シンボルがあれば完全に使えるかと言えば、実はそうでもありません。(もちろんある程度まではできます)

なお私は旧宮中神祇に学びましたが、これ自体は遠隔法にあまり関係していません。私が死にかけたのはそれよりずっと前の事で、どちらかと言えば私自身が悟った事の「確認」のために入っておりました。ここでは多くの「きっかけ」を頂くことになり、実に運命的に物事は運びました。臼井先生がなぜ、シンボルをそのように定められたのかも、このきっかけから始まった深い学びによって悟ることが出来ました。

世には意図せずして死にかけてしまった人、私のように覚悟を以て死線に触れた人もあると思います。しかし人には宿命というものがあります。私は古い神明宮社家の子孫で、神代の血が色濃く残っている家系に生まれました。このことで魂はこうしたことを成しあげるように元々目的をもって作られているわけです。

私はあの状態になったことで世界中の生命がどのように繋がって、意思を共有しているのかを見せられましたので、この遠隔法をどのように使えばそれぞれの願いに届くのか、生きたままのヒーラーよりも遥かに把握しやすくなっているのです。

Caloa Takao