Pocket

ARIA遠隔ヒーリング に関する質問と回答です。

Q:遠隔ヒーリングで何も感じられません。

A:先天的に感覚の鋭い方はすぐにエネルギーを感じることができますが、普通は実感できるまでに平均三ヶ月前後はかかるようです。多くは体がポカポカしたり極端に眠くなったり次第に感じられるようになったり、あるいは何ヶ月かして気が付いたら症状が軽くなっていた、問題が解決されていた、という形で実感するようです。


Q:最近喉の渇きがひどくて水をたくさん飲むようになりました。これはヒーリングによるものなのでしょうか。かなりの量をのんでいるので気になります。

A:直接ヒーリングの作用として喉が渇くことがありますが(これに従って水をたくさん飲むことにより、老廃物や有害なものを荒い流し、体内が浄化されていきます。)遠隔ヒーリングにより喉の渇きが出てきたということは、直接ヒーリング同様にエネルギーがよく通っているという証拠であり、また飲む水がかなりの量であるということは、それだけ体内に毒素が潜んでいた証拠だと思います。十分飲んで、悪いものを身体の外へ出していってください。ただし水だけを摂りすぎると消化不良や低血圧になりますので大根や牛蒡、塩分を一緒に摂るようにしてください。


Q:ヒーリングで感情が不安定になることって、あるのでしょうか?

A:ヒーリングによって今まで抑えていた感情が表面化することはよくあることです。多くの人は悲しみであることが多いのですが、時折、怒りや恐れという感情が表面化することもあります。これはその感情に面と向かわなければならないことを示しています。今まで抑えていた量が多いと、その抑えていた分の感情が表面化してきます。抑え込もうとすると余計長引いてしまいますので、心の状態をよく自分自身で見つめて、ヒーリングを受け取りながら抑えもせず、煽りもせず、眺めるように状態の変化を感じ取ります。なぜその感情を震わせていたいのか、という自分の深い意識にも気付く時が来るでしょう。きちんと底の意識まで掬いあげて、自分自身が認識すること、認めて包んであげることが出来れば、今まで癒されなかった部分に温かい光が届くようになります。


Q:遠隔ヒーリングを受けるようになって、はっきりとした怖い夢を毎日見るようになりました。

A:はっきりした夢を見るのは確かに何らかの無意識からのメッセージであることが多いものです。ヒーリングを受けると無意識と顕在意識のつながりが濃くなるため、このような現象が起きるものと思われます。怖い夢は、何らかの予知か、体の不調か、あるいは逆に幸せの予感としても出てくるようです。幸せの予感の場合は、幸せになることへの恐れや、周囲の妬みを危惧しているとも考えられます。この場合は無意識が幸せを受け入れる準備ができたと同時に、そのような夢は見なくなるでしょう。


Q:ヒーリングを利用して意識が繋がりやすいと書かれてましたが、実際どのようにペアヒーリングを頼んだ彼と繋がりを実感できるのでしょうか?

A:言葉で説明するのは大変難しいのですが、たとえば、相手が特別に悲しい気持ちになっているときには、何故か自分も特別に悲しい気持ちになる(けれどもそれは自分の感情ではないと分かる)というようなことが起きることがあります。
また人によっては離れていながらにして同じことを考えたり、感じたりすることがよく起きるようになり、近くにいれば同じことを同時に話し出す、というようなことも見られるようになります。そのようにして、相手の気持ちも分かるようになります。


Q:以前服の色が暗い服ばかりだったのですが、今は、明るい今まで着ない色、デザインの服に買い替えたくなり買い替えています。ある意味散財ですけど、こういう変化は意味がないですか??

A:良い事だと思います。今までの自分では考えられなかったようなことに挑戦できるのは、問題の解決が加速していることを表しています。まったく結婚できなかった方が、それまで全く行っていなかった神社へなぜか足を運ぶようになり、目出度く結婚された例もあります。