アプリの使い方

メッセンジャーアプリSignalの使い方

Pocket

ARIAでは、会話内容にセキュリティが必要とされることから、LINEの代わりに「Signal」というメッセンジャーアプリを採用しています。LINE同様にメッセージ、音声通話、画像などのファイル送信が行えます。

公式サイトのアドレスは https://signal.org/ です。アンドロイド、iPhone、パソコンに対応しています。


インストール・初期設定方法:

公式から機種を選択したら「インストール」ボタンでインストールを行います。初期設定では電話番号を要求されます。これは接続認証のための手続きです。電話番号を送信すると、ショートメッセージ(SMS)で認証番号が届きます。

SMSで認証番号を確認したらSignalの設定画面に戻り、認証番号を入力します。


相手との接続方法:

接続するためには、相手もSignalをインストールし、初期設定を終えていなくてはなりません。さらに、お互いの電話番号を知っている必要があります。
まずSignalを起動すると、メッセージ一覧画面になります。インストールしたばかりはメッセージがありませんから、真っ白な画面が現れます。

相手を探すには検索(虫眼鏡)アイコンではなく、右下のペンアイコンをタップします。
すると次のような画面になります。連絡先(アドレス帳)の中で、Signalをインストールしている人が自動的に追加されます。「名前もしくは番号を入力」で検索を行うこともできます。(おそらくアドレス帳の中からの検索)

この一覧から名前をタップして、メッセージを送ることができます。接続されているかどうかテスト送信すると良いでしょう。通話を行うときはメッセージ送信画面右上の受話器マークをタップします。機種によってはSignalを一定時間起動していないと着信が遅れたり通知されなかったりすることがあるようです。

関連リンク:

メッセンジャーアプリSignal「消えるメッセージ」の使い方

メッセンジャーアプリSignal – SMSと混ざらない方法

はじめてでも安心の格安SIMのLIBMO
お申込みはWebから

14件のコメント

  • 匿名

    signalは消える設定を5秒にした場合は、相手がメッセージを見てから設定した秒数で消えますか?
    それともこちら側が送信してから5秒後に相手のメッセージも消えてしまいますか?
    もしそうであれば、相手がリアルタイムで見ていないと5秒の設定だと、相手がメッセージを見ないで消えてしまうって事でしょうか?

    • Caloa Takao

      この記事を書いた時点では既読に関わらず着信されてから設定時間経過で消えるようでした。
      アップデートされていれば仕様が変わっている可能性がありますので試してみてからの運用をお勧めします。

Caloa Takao へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です