日本の伝統と未来

消費税は0%そして政治家の給料は0が良い

Pocket

これは消極的な方でも賛同が出せるように代理作成された国民会議用の記事です。交流会で聞かれた政治の話題から、みなさんの意見をまとめてみました。


マリー・アントワネット大臣×多数の日本

さて、日本には古来から「搾取する王はなく、真に国民のための王」がありますが「搾取する政治家」が存在し、かれらは国民に信頼されていないことでも有名です。その根幹は何かといえば、カップラーメンひとつの値段も知らない、政治家さん達のマリー・アントワネットぶりにあるそうです。


北欧の政治家は普通の仕事をしながら奉仕で活動する

とはいえ全く無報酬ではなく、わずかな手当て=月数千円~1万円という、まさに「奉仕」の範囲に収まる額だそうです。

この話を聞いたとき、教師をしながら神職をこなしていた方を思い出しました。日本の神職は普通の仕事を兼務している人も多いのです。

この北欧のシステムはじつに効率的に機能しているそうです。消費税を0%にしたのもこの政治家たちです。

  • 国民と同じ仕事をする=職場を通じて意見が聞ける=社会システムの不具合が分かる
  • 国民と同じものを買う=報酬と物価のバランスが分かる
  • 国民と同じ暮らしをする=政治や制度の欠陥に気付くことが出来る
  • 収入面を政治業に依存しない=真に国民のための政治ができる

報酬がないということは、政治だけに真の関心を持ち、さらに、命を懸ける覚悟のある人だけが立候補することになります。であるからこそ、国民は信頼を寄せて団結しようとします。

元々財産が多く、金銭感覚が平均的ではない人は支援側に回ると良いでしょう。もちろん政治家の収入を手伝ったり、政治に干渉したりしてはいけません。


その中での増税、福祉悪化は…

「政治家だけが高い給料をもらい、私たちは政治家に搾取されている」と、苦しい生活を強いられている方々はかなりの不満を募らせているようです。福祉の悪化についても、「入所できるところがなくなった」と訴える人が増えてきました。
ちなみに消費税は税金を取られるだけでなく、計算を煩雑にし、隅々の事業所まで手間を増やし、国民の生産性を激減させるという、あまり賢くない政策ですよね…。


まずは実験、見える形に

しかし、このようなシステムを変えることが国民の手で出来るものなのでしょうか?

いいえ、むしろ政治家さんたち自身は、こういうことは変えたくても変えられない立場ですから、国民がなんとかしてあげるしかありません。

いま、憲法の改正が国民ひとりひとりの署名によって進んでいます。

こうしたシステムの改正も、賛同する「数」があれば、それはきちんと国民の主張、世論として無視できない内容になっていくんですね。

いまインターネットは大変便利になっています。例えば、賛同も「いいね」というボタン一つで出来る上に、知り合いにシェアすることもできます。この機能を使ってみましょう。

「消費税は0%そして政治家の給料は0が良い(そのほうが国は良くなる)」と思う方は、どうぞこの記事の冒頭にある「Like」や「ツイート」をクリックしてシェアしてみてください。

あなたのクリックで日本は変わるかもしれません。


※現在シェアされているのにカウンターが回っていません。リライトしてくださる方を募集しています。リンクをhttp省略してコメントしてください。


登録無料☆遊べるポイントサイト《ワラウ》 monoka(モノカ) ネットで買い物するならcolleee

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です