【治り方】

◆遠隔ヒーリングは不眠症への効果がまず最も顕著に表れます。

◆体の疲労や消耗の度合いを脳=意識と連絡して自然な状態に近付けます。

◆このため、疲れて眠りたいのに眠れない場合や、お腹が空いているのに食べられないなど、意識と体の連絡がうまく行っていないことで起きる症状については早い段階で効果が現れます。さらに、無意識と意識の連絡も活性化するため、漠然と「こうしたほうがいいな」と思うことが現れ、これが行動と繋がって総合的な変化となり目的が達成されていきます。また結果的に周囲の環境も目的に向けて徐々に変化していきます。

【受け方】

時間が取れない時は、頭部を触れる・撫でる(上から下へ)または必要な箇所に手を置いて眠るだけでも受け取ることができますが、 正式には以下の手順となります。早い改善を望む場合には施術時間にあわせて毎日行うことをお勧めします。

①入浴を済ませておくか手を洗っておく

②横になる・座るなどしてリラックスできる体勢を取る

③アファーメーションを3回唱える(意識を定めてエネルギーを導く)

アファーメーションとは、「肯定的宣言」(私は~だ(である)、私は~している、私には~がある、など現在形の強く断言的・肯定的な宣言)のことです。
【例】
「私の毎日は充実して活力にあふれている。」
「私の人生はじつにうまくいっている。」
「私はつねに大きくあたたかい心を持っている。」
「~さんと私との関係は、日々より幸せで円満になりつつある。」
「私は、~さんに愛され必要とされる人間に変化しつつある。」
「私と~さんとの未来のために、いままさに着々と準備が進んでいる。」
「私はいま、まったく良いタイミングで良い場所におり、最高の活動をしている。」
「私にはいつも自分の進むべき道がはっきりと見えている。」
「私の心には愛と光が満ち溢れている。」

目的や意思をはっきりさせ、確信を持つことができるものがよいでしょう。
このようにして意識を導き、エネルギーの方向性を強めます。
それは周囲やペアの相手にも影響していきます。
違和感を覚えるときはその都度自然な言葉に取り替えるようにしてください。
鑑定を受けた方には願いに合ったアファーメーションをお作りしています。

④癒したい場所に手を置く(意識を開放し、リラックスして)

唱え終わったら、あとは何も念じずに、リラックスしてエネルギーを受け取ります。
頭部・前面・背面の順。詳しくは症例・使用例を参照してください。これを30分行います。
ミュージックタイマーを使うと便利です。(不眠症の方は幼いころの環境に合わせると良いでしょう)

⑤望む未来を気持ちよくイメージし、改善のエネルギーを受け入れる(イメージでより深く繋がる)

あなたが受け取ろうと思うだけで、レイキを通じて良いエネルギーと繋がることができます。感謝、希望、愛で心身を満たしてください。 また、天から降りてきた白い光が体内へ染み込み(吸う息)、地へ吸収されていく(吐く息)様子を思い描きます。

⑥合掌して終了

途中で眠ってしまっても大丈夫です。毎日気持ちよく行いましょう。