※1

Gail Smith
RN – BC Nurse Manager(看護師長)Main州1998年受講生
ティーチャーは NewHampshire州出身

刑務所に5年ほど勤務した頃、軍人専用地区で警部の提案によりレイキ初級の伝授を開始。
「看護師だからと言ってHIVやSTDの教育をしても繰り返しになるだけなので、もっと必要性のあるもの、例えばレイキなどを提供できないか」という提案だった。

伝授後、軍人たちは昼夜問わず荒れた状態の刑務所の中でも、不安感が和らぎ、落ち着いた精神状態で過ごせるようになった。
また通常の精神状態にない軍人(PTSD等)に対しても、レイキは一切拒絶反応を起こすことはなかった。

アメリカではレイキ施術のためにホスピスから退役軍人病院へ施術者が派遣されている。

※2

Florence C Whipple
Kristin Webb Retired
Northshore  Community College Professor(大学教授)
ティーチャーは西洋レイキ2世代 John Harvey

学際的研究科教授担当時、フロリダ州、ユタ州、テキサス州でレイキに関する法律の制定が検討されていたことを機に、1997年レイキを代替医療としてカリキュラム(大学の卒業単位)に加える。

授業内容はすべて教育課程委員会承認の上で行われた。初級は3単位、中級は4単位。療法理論、ヨガ、栄養学、レイキ初級、中級、倫理学、ハーブ薬理学、脳と精神論などが教えられている。

この学生たちは中級を伝授されたころからレイキを必要とする患者の施設へ実践のために派遣された。
教授らはカリキュラムの導入後、学生自身(その家族を含め)がレイキによって助けられてきたことを強調し、深い知識に基づく大学でのレイキ講義および伝授を推奨している。