折符とは?

古神道(こしんとう)に伝わる、清浄な和紙を折り成したお守りです。
こちらではその折符を、一体一体心を込めて奉製しております。

用い方

折符はそれぞれ、持ち歩くもの、神棚に祀るもの、枕の下に敷くものなど用い方が定められています。詳しくは下記一覧を参照してください。また、期限や奉製日が定まっているものもあります。大きさはカードサイズ~B5サイズ程度です。

お申し込み方法

一覧より目的の符を選び、フォームから必要事項を送信してください。

恋愛成就符
独身の男女がその恋愛を成就するために用います。好意を持つ相手の姓名と自分の姓名とを書いて符に入れ、所持すると恋愛が成就すると伝えられています。添付の細長い小さな紙に朱(赤いペン)で書きます。無記名で用いることもできます。
夫婦和合符
家庭において夫と妻がうまくやっていけないと感じた時、和合するために用います。下のほうを北の方位に向けて洗米を小皿に入れてその上にのせて祀ります。
学業成就符
学問を成就するために用います。入学試験、資格試験、卒業論文など学問全般に対して神験を発揮する符。部屋の高いところに貼って用います。
就職達成符
古くは仕官を求める人のために用いられた符。現在でも天職を見つけたい人、転職や就職を希望する人に用いて霊験をあげています。目的が達成するまで常に身につけるようにします。
商売繁盛符
この符を祀ることにより、お店や会社の雰囲気がよくなり繁栄の運気が齎されるという霊験があります。神棚にお祀りし、毎日水、塩、米のお供物を取り替えるさい商売繁盛を祈願します。有効期間は一ヶ月、毎月一日に奉製しますので月初めのお届けとなります。
金銭符
自然とお金の巡りがよくなり、生活に困らないだけのお金が常に持てるようになるという符です。財布の中や定期入れなどに入れて持ち歩きます。奉製日の都合、最大60日を要します。
蓄財符
年々財産を積み上げて行くための符。経済力の中心が男性であれば北東に向け、女性であれば南西に向けて部屋の高い平らな処に置いて一年間祀ります。節季に合わせて奉製されるため、最大15日を要します。
除災招福符
度重なる災いを除き邪気を祓い除いて吉祥を招来するために用います。包みを解かず、家族(同居している人)が各自一符ずつ所持します。ご家族分の個数をご指定ください。
人分
辟障符
トラブルが立て続けに起きる場合に発生している特殊な障気を除くための符。米・塩とともに奇数日生まれの人は尖ったほうを北東に向け、偶数日生まれの人は南西に向けて高い平らな処へ置き、トラブルの消滅を一日一回祈願します。
家内安全符
家族にふりかかってくる災いを除き、一年をつつがなく暮らすために用います。神棚に奉安し、毎日の拝礼のときに家内の安全を祈願します。
病難除符
病を除き快方に向かわせるために用います。表面を上にして、角の尖っているほうを足元に向けるようにして病む人の枕の下に敷きます。長く病んでいる方は一週間ないし一ヶ月ごとに取り替えます。
交通事故除符
古来は突発的な事故から身を守るためのものを現代に転用した、交通事故などから身を守るための符です。定期入れ、車のダッシュボードなどに入れて常に身につけるようにします。製作日の都合最大10日を要します。
旅行安全符
慣れない道程を守るための符。旅行や出張に出るときなどに所持します。
厄除符
厄年の厄を除けるための符です。厄年は数えで男性が25、42、61歳、女性が19、33、37歳です。免許証入れなどに入れて常に身につけるようにします。
水子霊供養符
流産、中絶などによって水子霊となった子供の霊を供養するための符。仏壇の前にこの符をおき、華水を符の上にのせてお題目などをあげてお祀りします。
霊魂安鎮符
名を記すことにより各種の霊の供養に用いることが出来ます。
火難除符
乾燥しやすく風の強い土地や、火気の多い場所などに祀り、火による災難を除けるための符です。
水難除符
河川敷の土地に建つ家や、地盤の緩い土地の下に建つ家などに祀り、水による災難を除けるための符です。
願望成就符
様々な願望に応用できる符。願望を紙に記して符に封じこれを所持します。
 奉製料 一体五千円 合計 

【ご住所】

【お名前】

【メールアドレス】

【お支払方法】
クレジットカード 振込