ARIA信州ヒーリングスクール

       

レイキ・ヒーリング Reiki Healing

 大正時代日本で発祥し、その後ハワイを経由して世界中で学ばれるようになったグローバルな代替医療(ハンドヒーリング)です。
 海外ではインドのヨガと併用されることが多く、医療を始めメンタルケアなどさまざまな分野で活用されています。



医療ヘリコプターパイロットへのインタビュー
>>他の動画


伝授・継承ができる技術

 師範より体内に道筋を開くこと(アチュンメント)によって手に特殊な気が通うようになり、患部に当てることで自分や他の人の心身を癒すことが可能になるという技術です。世界中でハンドヒーリングと呼ばれ提供されているもののほとんどがこのREIKIです。日本では大正12年の関東大震災で傷病者の救済に貢献したことで知られるようになりました。さらに詳しく

特徴と魅力

@  伝授を受けることでその日からヒーリングが可能となります。
A  基本的に訓練等は不要で、素質や能力も関係ありません。
B  気功のように自分のエネルギーを使わず、疲労しません。
C  一度伝授を受ければ一生有効となります。
D  邪気の影響を受けることが無くなり、自然に心が安定します。
E  シンボルを活用して遠隔対象や過去を癒すことが可能となります。(中級)
F  第六感が発達して、存在への認識が深くなります。(上級)
G  安心立命となり様々な願望を叶えることができるようになります。(究極段階)

伝授のレベル(段階)

レベル1(初級):エネルギーの伝授と共に、基本的なヒーリング技法を学びます。ハンドヒーリングによって心身のヒーリングが行えるようになります。
レベル2(中級):三つのシンボルを伝授されます。これらを用いて、時間や空間を超えたヒーリングが可能となります。
レベル3(上級):最も高い波動のエネルギーとともに、マスターシンボルを伝授されます。究極段階へ至るための伝承と感性が惜しみなく与えられます。
レベル4(師範):伝授技法を学び、師範の資格を得る段階です。

学習方法

 各段階、約半日かけてエネルギーの伝授と技法の習得を行います。これだけでもヒーリングは可能ですが、研鑽会に通いながら熟練して行くとより信頼性の高いものとなります。
 受講申込

ヒーリングセッション(研鑽会・交流会)

レベル修得前に体験することも、師範修得後に通う事も出来る研鑽会です。毎月第三土曜日13:30〜16:00(受付13時〜) 参加費は1000円、自由参加。(詳しくはこちら




アリア > ヒーリングスクール